【臨床データあり】タイプ別・ミノキシジルの効果を倍増させる秘訣!

男性のハゲの原因の多くを占める、AGA(男性型脱毛症)の対策としてメジャーなのが薬による治療です。

有名な薬の1つに「ミノキシジル」というものがあります。

 

名前は聞いたことあるけど、いったいどんな薬なの?

って人多いですよね。

 

そこで本記事ではAGA対策で悩むあなたに、ミノキシジルの効果や実際の使用法などを詳しくご説明いたします。

ぜひ参考に読んでいただき、これからのAGA治療に役立てて下さいね。

 

ミノキシジルの基礎知識~AGAを治すメカニズムと特徴~

ミノキシジルの基礎知識~AGAを治すメカニズムと特徴~

ミノキシジルはいったいどんな薬なのか。

ミノキシジルって実は、最初はハゲの治療薬ではなかったんです。

もともとは高血圧の患者に投与し、血圧を和らげる薬でした。

 

ところが、その患者の多くが全身にたくさんの毛が生える「多毛症」になりました。

そこで、髪の発毛にも効果が期待され、発毛剤として使われるになったんです。

 

血行改善!ミノキシジルの作用

具体的にミノキシジルはどうやってAGAを改善するのでしょうか。

ミノキシジルは、さっきも言ったように高血圧に効く薬であるため、体内の血管に働きかけるのです。

血管を拡張することで血行を良くします。

 

血行が良くなった分だけ、栄養が毛根にも届きやすくなり髪の成長をスピードアップさせるのです。

とにかく血行を良くすることで、AGAによって生えにくくなっている部分からもどんどん髪が生えてくる。

AGAに効く薬として本サイトでもご紹介しているプロペシア(成分名はフィナステリド)が有名ですが、それとは働き方が全く違います。

 

プロペシアは男性ホルモンに働きかけ、AGAの原因をブロックすることで治療をします。

それに対しミノキシジルは、AGAの原因はひとまず置いといて、とにかく髪の成長を促す!という感じです。

プロペシアがあなたをハゲから「守る」治療をするのに対して、ミノキシジルは「行け行け!」とどんどん攻めるようなイメージですね。

 

ミノキシジルの効果が出るまで:育毛剤タイプV.S.タブレットタイプ

ミノキシジルの効果が出るまで:育毛剤タイプV.S.タブレットタイプ

このように強い効果が期待できるミノキシジルですが、実際に薬を使い始めてからどれくらいで効果が表れてくるのでしょうか?

ミノキシジルには飲み薬としてのタブレットタイプと、ミノキシジルの成分を配合した育毛剤タイプがあります。

タイプ別に効果の現れる期間を見ていきましょう。

 

頭に塗るだけ!育毛剤タイプの場合

市販のよくある育毛剤と同じで直接頭皮につけて使うタイプで、成分の一部にミノキシジルが配合されています。

有名な商品と言えばやはり「リアップX5」でしょう。

ミノキシジルが5%配合され、頭頂部のハゲによく効くと宣伝されています。

 

リアップ自体がCMでもおなじみですから、何だか安心感がありますよね。

気になる効果が出るタイミングですが、販売元の大正製薬のHPに発毛効果の臨床データが発表されています。

それによるとある程度薄毛の改善を実感した人の割合は、使用開始後1年程度で50%を超えています

リアップX5効果
画像引用:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

 

配合率5%の塗り薬なので、すぐに効く!というより、徐々に効果が出てくる感じですね。

 

毎日飲もう!タブレットタイプの場合

タブレットタイプ、いわゆる飲み薬の場合は、医師に処方してもらい購入することがほとんどです。

こちらは、当然ですが錠剤の100%がミノキシジルですから、育毛剤タイプよりも早い効果の実感が期待できます。

 

ネット上のミノキシジルタブレットの口コミを見ると半年ほどで髪が生えてくる実感があるようです。

やはり育毛剤タイプと比べて、早く効果が表れるのが特徴です。

 

効果を最大限に引き出す!ミノキシジルの服用法

効果を最大限に引き出す!ミノキシジルの服用法

このようなミノキシジルの効果を最大限引き出すために、どのように薬を服用・使用すればよいのか、見ていきましょう。

 

ねばって半年!育毛剤タイプ

育毛剤タイプのミノキシジルは、基本的によくある育毛剤と同じように使いましょう。

お風呂上りに、適量を頭皮につけてしっかりと頭にもみこむようにして使います。

タブレットタイプに比べ育毛剤タイプはミノキシジルの濃度がとても薄く、効果が出るのに時間がかかってしまいます。

 

ご紹介した「リアップX5」の使用上の注意にも記載がありますが、最低4カ月は使用を続けましょう。

何にも効果がないな…という状態だとしてもまずは4カ月。

そして6カ月たっても効果が全く実感できないのであれば、使用を中止しましょう。

 

これはミノキシジルの配合濃度が薄いとはいえ、普通の育毛剤よりも強力だからです。

何の効果も出てないのに長期間使用すると、副作用が出てしまう恐れがあります。

この場合、タブレットに切り替えると良いでしょう。

 

少量から試そう!タブレットタイプ

タブレットタイプのミノキシジルは主に2.5mg、5mg 、10mgの3種類があります。

まずは医師に処方された通りの量を、毎日同じ時間に服用することが大切です。

これまで説明してきた通り、ミノキシジルはとても作用の強い薬。

 

特に血圧に影響のある薬ですから、勝手な素人判断が一番危険なのです。

「たくさん飲めばすぐ髪が生えてくるだろう」

と1日に何回も飲んだりすると、最悪病院に運ばれることにもなります。

 

最近はネット通販で医師の許可が無くてもタブレットの購入が可能です。

万一自分で購入してしまった!という方は必ず少ない量から処方を始めて下さい。

 

決着!プロペシアV.S.ミノキシジル!どっちがスゴい?

決着!プロペシアV.S.ミノキシジル!どっちがスゴい?

さて、多くの男性が疑問に思うことがもう1つあります。

「いったいプロペシア(フィナステリド)とミノキシジル、どっちが効果があるの?」

これは、結論から言うと「どっちも」です。

 

なんじゃそりゃ!!

まあまあ、落ち着いてください。

冒頭でもちらっと説明したのですが、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルはそもそも薬の働きが全然違うんですね。

 

どちらも日本では発毛に効果がある薬として認められている、数少ない発毛薬です。

プロペシア(フィナステリド)は男性ホルモンに働きかけAGAを止めるのに対し、ミノキシジルは血流に働きかけ発毛そのものを促す。

だからどちらも効果がありますし、どっちがあなたにぴったりなのかは何とも言えないのです。

 

プロペシアとミノキシジルは併用可能!

じゃあ結局どっちを選べばいいんだ!というあなたにお役立ち情報を。

多くのクリニックではプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルのダブル治療を行っています。

フィナステリドによってAGAの元を止め、ミノキシジルで発毛スピードを速めるというダブル効果を狙っているのですね。

 

両者の違いを上手く生かした治療、と言えます。

ただこれは個人の判断で絶対には行わないでください。

必ず医師の処方と診察を受けて、指示通りに行うようにしましょう。

 

また、併用せずどちらかを選びたい!という場合は副作用のことを考えて消去法で選ぶといいでしょう。

ミノキシジルは血圧を下げる効果があるので、血管や心臓が弱い人は避けておいた方がいいですよね。

 

プロペシア(フィナステリド)は性欲減退など、男性としての機能を奪う可能性があります。

それでは困る!という健康な男性はミノキシジルがぴったりです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ミノキシジルはとても効果の強い反面、人体に与える影響も大きい薬です。

 

服用を考えている人は、まずは最寄りのクリニックに行ってみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。