【最終決着】ハゲと遺伝の関係性は?気になる真実をついに解明!

あなたは「親戚にハゲが多いと危険」「おじいちゃんがハゲていると自分もハゲる」という話を聞いたこと、ありますか?

このようなハゲと遺伝の関係に関する噂が、まだまだ後をたちません。

気になるのは「結局ハゲって遺伝するの?どうなの?」ってとこですよね。

 

この記事では、そんなあなたのために、ハゲと遺伝に関する真相を解明しちゃいます。

薄毛や抜け毛が気になるのであれば、ぜひ読んでいただき、正しい知識を身につけましょう!

 

「ハゲと遺伝の関係」を紐解くAGAってどんな症状?

「ハゲと遺伝の関係」を紐解くAGAってどんな症状?

まずは、ハゲは遺伝するのかどうか、結論から申しあげましょう。

 

結論:ハゲの原因になる遺伝子は遺伝するが、100%ハゲになるわけではない。

 

例えば祖父がハゲている場合、孫であるあなたもハゲる可能性は高くなります。

その確率は人それぞれで、なんとも言えないんです。

 

それに、仮にハゲたとしても、それが本当に遺伝によるものなのか見極めが難しいという点もあります。

そもそも薄毛になる原因って

 

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 血行不良

 

など、いろんな要素が絡み合っているため、1つに絞るのが難しいのですね。

それでは、ハゲの原因になる遺伝子って一体何なのでしょう?

これを理解するためにはAGA(男性型脱毛症)という症状について理解しておく必要があります。

 

AGAのメカニズムとは?

AGAとは一言で言えば、「男性ホルモンが原因で起こる薄毛」です。

え!!じゃあ男はみんなハゲちゃうじゃん!!

まあ、そんなことはないのですが、結果的にAGAの存在によって男性がハゲやすくなっているのは事実ですね。

 

これはどういうメカニズムで起こっているかというと、まず男性ホルモンのメインの要素に「テストステロン」という物質があります。

これが体内の「5αリダクターゼ」という酵素の一種と結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わります。

なんだか難しそうに聞えますが、仕組みはとても簡単。

 

テストステロンを電車の「切符」だと考えてみましょう。

そして、5αリダクターゼは「駅の改札」だとイメージしてみて下さい。

切符を持っているだけではどこにも行けませんよね。そこで、切符を使えるように改札を通す必要があります。

 

この改札を通って「アクティベートされた切符」がDHTです。

DHTは血液という電車に乗って、「目的地」の頭皮の細胞までグングン進んでいきます。

そして、頭皮の細胞という駅に降りたったDHTが直接頭皮に働きかけることにより薄毛が発症=AGAとなるのです!

 

5人に1人はAGA

男性ホルモン由来の薄毛というだけあって、日本では男性の5人に1人がAGAが原因でハゲています。

M字ハゲって言葉、聞いたことありますよね?

男性の顔を正面から見た時、髪と額の境目がちょうどアルファベットのMの形をしている人です。

 

あれもAGAの一種なんです。DHTは髪の生え際に表れやすいのですね。

さて、ちょっと長くなりましたが、ハゲの要因になる遺伝子はこのAGAやDHT、5αリダクターゼという3つのワードが深く関係しています。

次で詳しく見ていきましょう。

 

薄毛遺伝子とAGAの原因物質はどう関係するの?

薄毛遺伝子とAGAの原因物質はどう関係するの?

ここまで説明したAGAの原因となるDHT、そして5αリダクターゼという酵素とハゲの遺伝との関係、一体どうなっているのでしょうか?

 

2つの薄毛遺伝子

ハゲの原因となる遺伝子、通称「薄毛遺伝子」は主に次の2つになります。

 

  • 5αリダクターゼを活発にする遺伝子
  • DHTに反応しやすくなる遺伝子

 

5αリダクターゼを活発にするというのは、要するにこの酵素の分泌量を増やすということ。

先程の例えを引用すると、5αリダクターゼという「改札」が多いほど、より多くの切符=テストステロンを通すことができます。

つまり、テストステロンと5αリダクターゼの結合物質=DHTがたくさん発生します。

 

しかし、実はDHTがたくさんあるだけでは、薄毛になるとは言えないのです。

 

それが、2つ目の「DHTに反応しやすくなる遺伝子」に関係します。

前項で、DHTは頭皮(つまり毛根のことでもありますが)の細胞に影響を及ぼすことで、その細胞の周りの髪の成長を止める、と説明しました。

ただ、これは頭皮の細胞がDHTを受け入れた場合の話です。

 

DHTが頭皮にやってきて「こんなものは要らない!」とはじく細胞もあるのです。

「DHTに反応しやすくなる遺伝子」が多い人は、より多くの細胞がDHTを受け入れて薄毛になるということ。

つまり、この2つの遺伝子が両方ともそろってようやくハゲになるのです。

 

薄毛の遺伝子は誰から受け継ぐの?

薄毛の遺伝子は誰から受け継ぐの?

ハゲの元になる遺伝子がどういうメカニズムで薄毛を引き起こすのかについて、わかっていただけたでしょうか?

さて、ここで気になるのが「誰から遺伝するの?」ってことですよね。

父親から?母親から?それとも隔世遺伝??答えは意外なものでした。

 

ハゲの決定要因は母親の遺伝子にあり

結論から言うと、ハゲの遺伝に関して、最も影響力を持っているのは母親からの遺伝子だったのです!

もちろん、前項でお伝えした

 

  • 5αリダクターゼを活発にする遺伝子
  • DHTに反応しやすくなる遺伝子

 

これは父親と母親両方が持っています。

ところが、2つ目の「DHTに反応しやすくなる遺伝子」は母親からしか遺伝しないということが明らかになっています。

これはドイツのボン大学のアクセル・M・ヒルマー博士という方による研究結果によるもので、2005年アメリカの専門誌にて発表されました。

 

この遺伝子こそが最終的に髪を抜けさせる決定権を持っているのでしたよね。

したがって、「ハゲの元になる遺伝子は母親から」伝わるのです。

 

隔世遺伝はするのか?

よく「おじいちゃんがハゲだから俺もハゲる」なんて話を聞きますが、これは隔世遺伝してるわけじゃないんです!

「ハゲの元になる遺伝子は母親から」の理屈で説明がつきますよね。

おじいちゃんがハゲているということは、子どもである母親にもハゲの遺伝子が引き継がれているはず。

 

ところが、母親は女性ですから、男性ホルモンを持っておらずテストステロンが分泌できません。

だから母親には現れず、孫のあなたにハゲが現れる。

その結果隔世遺伝しているように見える、だけのことなんですね。

 

遺伝によるハゲ、二度と治せないの?

遺伝によるハゲ、二度と治せないの?

ここまで読んで、自分の家系にハゲがいる、という心当たりのある方は不安になってきたかもしれません。

「もしかしてもう治らないんじゃ…」そう思っていませんか?

はっきり言いましょう!遺伝によるハゲは治せます!

 

まずはAGA専門のクリニックへ

ここまで何度も説明してきたように、遺伝によるハゲも結局はAGAと同じ症状が出ているのです。

ならば、AGAを専門的に治療しているクリニックに行けばいいのです!

今や全国各地に薄毛外来と称したクリニックがありますから、お近くのクリニックの門をたたいてみて下さい。

 

遺伝によるハゲは、生え際や頭頂部がハゲることがほとんど。

これは、いわば「典型的なAGA」であり、医者にとっても治療がしやすいのです。

処方された薬を飲むだけで、イキイキとした髪が生えてくる方が急増中です!

 

医師に出してもらう薬は、ハゲホルモン(DHT)を抑えるので、

クリニックの薬を飲む
↓ ↓ ↓
ハゲホルモン(DHT)が減る
↓ ↓ ↓
イキイキとした髪が生えてくる

わけです。
副作用のリスクはありますが、医師と相談しながら進められるので安心感はありますよね。

 

食生活もおろそかにしない!

せっかくお金をだしてAGAの治療をするのでしたら、もう1つ気を付けて欲しいことがあります。

それは毎日の食生活を充実させることです。

遺伝によるハゲ、AGAで悩める方にとって育毛シャンプーや育毛剤は気休めでしかありません。

 

しかし、体の内部からの影響は無視できないんです。

いくらハゲに効く薬を飲んだって、食生活が不規則だったり、栄養不足になると大変。

髪を育てる元になる頭皮の細胞への栄養不足が起こり、健康な髪が育たなくなります。

 

それに薬の効きも悪くなるかもしれません。

人の体は口から入るものでできている、ということを肝に銘じておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ハゲを引き起こす遺伝子は母親から伝わるものであり、発症の度合いは人それぞれです。

そして万一ハゲたって、治療が可能であるということが分かっていただけたかと思います。

 

ぜひ今後の育毛ライフの参考にしてみて下さいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。